物販ノウハウ

【ebay輸入】赤字で売るのも悪くない

こんにちは、あさみです。

 

今日は物販での悩みでよくある「赤字で売ることについて」です。

 

カードの支払いに間に合わないから赤字で売るしかない、

半年も出品しているのに売れないから赤字ででも売りたい、

といった損切りしてでも売りたい気持ちは物販してる人ならよくわかると思います。

今の私
なるべく赤字では売りたくないですよね

 

そんな赤字で売ることってどうなの?ということについての記事になります。

【ebay輸入】赤字で売るのは良くないこと?

ebay輸入始めていると手元の資金が尽きたりして赤字で売ってしまおうかな?

と思うこと多くの人があるはず。

 

「赤字で売るの嫌だけど、今月のカードの支払いキツいしな」

と渋々赤字で売る決断をせざるを得ないこともあると思います。

 

結論から言うと赤字で売ることは決して悪いことではありません。

 

ebay輸入の目的とは利益を出せばいいと言うことにありますので、

最終的に黒字になりさえすればいいのです。

トータルの黒字を狙うので

途中の何個かが赤字で売ってしまったりしても全体で黒字になれば何も問題はありません。

 

中には赤字で売ってしまったことで絶望して

「もう自分は輸入ビジネスは向いてない」と辞めてしまう人もいます。

 

確かに経験が少ない初心者がいきなり赤字になってしまったらショックも大きい。

向いていないと気持ちが弱気になってしまうのは仕方ないです。

でも赤字で売るのは初心者だけでなく経験者でもやってしまうことでもあるので

大きく気にする必要はないです。

 

【ebay輸入】赤字をチャンスに変える

赤字で売ることはときには良いチャンスに転ぶことだってあります。

 

リサーチで間違えて変なものを仕入れてしまった、

次に仕入れたいものがあるのに資金がなくなってしまった、

高価格帯の商品ばかりでアクセスが悪い・・

 

こういった場合にわざと赤字とか安い値段で商品を置いておくと

アクセスが良くなることもよくあるのです。

 

リサーチをミスってしまったような商品とか

これ早く売れたらいいのに、と思うような商品を安い値段設定にするんです。

 

結果的に商品が回転するようになって赤字のアイテムがあっても

他の商品で大きく利益を取れる可能性が高いのです。

 

つまり広告のような効果を持たせるのです。

 

だから赤字とか低価格で売ることは全然悪いことではなく

むしろ結果的にいい方向に働くことも全然あり得ます。

 

だからと言って赤字で売ることを推奨するわけではありませんが、

(全部黒字で売ったほうがより利益は大きいわけで)

 

赤字になってしまったからといって悲観する必要はまったくないということです。

 

リサーチをミスってしまった場合に

その商品をずっと在庫として残しておく必要はないですし、

 

手元に資金がなくなってしまった場合でも

すでにある在庫を売ってしまうことで資金を調達することができます。

 

ピンチの時に在庫を安くで手放してしまったとしても

次のチャンスに繋げるためにはいさぎよく売ってしまった方が

賢い判断といえることだってあります。

 

もちろん安易に安値で売る、というのはよくないです。

「値段を安くする」というのは誰でも思いつく発想ですし、

この”売れ行きが悪いときに値段を安くする”という癖がついてしまうと

どんどん自分が取れる利益が小さくなってしまいます。

 

利益が小さくなるとやる気もなくなっていってく・・

という負のスパイラルへ・・

 

そんなことにならないよう物販に慣れてきたら

赤字で売るものというのは極力減らしていくようにしましょう。

 

【ebay輸入】過去に赤字で売ったものはない

わたしは3年間物販を続けていますが、実は赤字で売った商品がありません。

 

「資金に余裕があったんでしょ?」

「リサーチが上手なのでは?」

「売るのが上手なのでは?」

と思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

 

始めた頃なんて特に資金もギリギリ

カードの支払いも間に合うか月末はハラハラ、

次の月のカードの支払いも心配していました。

 

リサーチだって周りのコミュニティ生よりも慣れるのが遅く、

1ヶ月も2ヶ月も経ってもリサーチができてるのかできていないのか

はっきりわからない闇の中にいる感じでした。

 

「あの人、もう20万達成したのか〜どうしよ、

私なんてまだリサーチすら出来てないのに」

 

それでもいつもカードの支払いに間に合わせて赤字は出さずにやりくりしてきました。

 

なぜ赤字を出さなかったのかというと「絶対に赤字は出さないでおこうと決めていたから」です。

 

赤字で売ってしまうと「一気にやる気がなくなるのではないか」と言う不安な気持ちがあったのと

「ブランド名がついたものを扱ってるから絶対に価値があるに違いない」

という変な自信みたいなものがあったから

値段を下げてまで売ろうと言う気持ちにならなかったのです。

 

赤字で売る人は物販コミュニティにたくさんいましたが(ほぼ9割はいた?)

赤字で売った時は凹みながらもなんとか続けてる人もいました。

「しょっぱなから10万円の損失出しちゃいました〜」

って笑ってる人もいましたし。

 

 

別に赤字で売ってもトータル黒字になれば何も問題ないのです。

 

例えば10個のうち1個を赤字で売って1万円の損が出てしまっても

残りの9個を黒字で売っていれば1万円の損失を入れたとしても

トータルは黒字になります。

 

むしろわたしのように粘って利益を出そうとするものだから売れるまで時間がかかってしまい、

他の仕入れの機会を逃してしまっているリスクも十分あり得ます。

 

資金が足りないときにでもリサーチしていたら

仕入れたいと思う、商品というのはたくさんありました。

でも赤字で売る覚悟がなかったのでそのまま見過ごしてしまう、

ということもよくあったので、損して売ってそのお金で

また新たに仕入れるのも断然ありだと今では思ってます。

 

赤字まで行かないにしても

なるべく安く出すことでお客さんの購入層はぐんと広がります。

 

決していつもいつも利益を多く狙う必要はないのです。

興味づけとしては安い商品というものをいくつか置いておくのも

広告のように使えてアクセスを集めることができるようになります。

 

赤字も使いようで利益をもたらしてくれます。

戦略的に値段設定をするようにしましょう。

 

赤字で売るのはよくないの?【まとめ】

とにかくトータルで黒字で売ればいいのでいくつか赤字で売れても何も問題ありません。

 

赤字で売ってしまうことでちょっと精神的なダメージを受けるようだったら

頑張って黒字で売れるようにしましょう。

 

私はトントンくらいで商品を売った時に他の商品も同時に

まとめ買いしてもらえた経験がありました。

お得に売ってると他の商品にも興味を持ってもらえるんですね。

 

物販ビジネスが続けることができたらそれでいいのです。

利益さえ出ていたらビジネスは継続できます。

赤字で売ってもめげずに続けていきましょう。

 

あさみんのメルマガ〜限定特典あり〜

私のメルマガでは

・ポンコツOLが物販開始して1ヶ月以内に初収益化成功

・1年後に売り上げ130万円突破

・2年以上月収60万円以上安定して稼ぎ続けている

・商品ご購入者様の半数近くがリピーターさん

その秘訣をお伝えしています!

 

またメルマガ登録していただいた方の限定特典で

「0から10万円利益出すための商品リスト」と

Webセミナーをプレゼントしています!

読んでもらうだけで参考になると思います^^

 

少しでも気になった方はぜひ受け取ってみてください!

メルマガで限定特典受け取る

 

↓↓嬉しい感想もいただいています!一部抜粋です

あさみん

元々普通のOLとかしてました。2018年12月に輸入ビジネス開始。1年ほどで月利60万円達成できました。他のネットビジネスと合わせると最高で月利300万円超えたことも。労働時間は1日10分くらい。毎日のように商品が売れたり、1つで10万円以上の利益が出たりするのが日常に。「輸入ビジネスは人生変わります」

-物販ノウハウ